FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球に落とされた大切な瞬間 

毎日のように、モスリムがクリスチャンやユダヤ人を殺したたの、クリスチャンがゲイや中絶をする医師を殺しただの、白人至上主義者が黒人をリンチして殺しただののニュースが氾濫し、当然のことながら、何かを盲目的に信じている人は危ないと感じる。

昨夜隣の町チャペルヒル(ノースキャロライナ州)で、3人のモスリムの歯科学科の学生が銃殺されたと、今朝のニュースで報道された。 

驚いたのは、犯人はクリスチャンでもユダヤ教でもなく、自ら無神論者とフェイスブックで名乗る男だったこと。 名前はクレイグ・ヒックス。 そして彼は、最近私が観て感動した、無神論者が団結するドキュメンタリー映画「The Unbelievers」にも出てきたリチャード・ダウキンズ教授の「The God Delusion(神という幻覚)」を愛読しているというのだ。 
ヒックスのフェイスブックにはこんなリンクも張ってある。

radicalAthiests.jpg
「過激なキリスト教徒と過激なイスラム教徒はあらゆる方面の問題で全て同じ意見なのに、なぜお互いに反発しあっているのだろうか」
キリスト教徒]
・中絶反対
・避妊反対
・薬物合法反対
・同性結婚反対
・ポルノ反対
・婚前交渉反対
・売春反対
・世俗主義反対
・死刑賛成
・公立の学校での祈り賛成
イスラム教徒]
・中絶反対
・避妊反対
・薬物合法反対
・同性結婚反対
・ポルノ反対
・婚前交渉反対
・売春反対
・世俗主義反対
・死刑賛成
・公立の学校での祈り賛成


私は無神論がこの世の中に対する一番正しいアプローチだと信じてきたので、なんで、どうして、って混乱してしまう。
ある特定の宗教に嵌ってなければ寛容になれると思っていた。 私はある特定の音楽や映画が好きだから、商業主義路線の詰んない映画や音楽を好んで聞いてる人に腹ただしくなるけど、スポーツとかには全く興味が無いから、誰がどのチームを好きだろうと、全く関係ない、どうでも良い。 何かが好きだと、熱くなり過ぎて攻撃してしまう。

映画「The Unbelievers」はイギリスとアメリカの無神論者リチャード・ダウキンズとローレンス・クラウスが世界各地の大学で講演する様子を捉え、最後には無神論者が団結してワシントンで大きな集会を行うというドキュメンタリーだ。 この映画を観て驚いたのは、アメリカでは無神論者は大変肩身が狭い思いをしているということ。 

私は、人口のほとんどがあまり宗教的ではない国、日本で育ったので、「何の宗教も信じてません」、とためらいも無くつらっと言えちゃうのだけど、アメリカでは無宗教だと、道徳観の無い人と思われるらしい。 そういえば一度、宗教を信じないなら日本人は道徳観はどうやって学ぶのか、と聞かれたことがある。
そんなんは、他人がどう感じるかを想像すればわかるでしょ? 人を傷つけるのは悪いなんてこと、神様に言われなくたってわかるよ、叩かれたら、痛いでしょ、だから叩くな。 ポイ捨てしたら、汚くなるでしょ、他の人が掃除をしなきゃいけないでしょ、だからするな。 想像力です、って答えました。

人が宗教を信じるのは、道徳の基になるものが欲しいからではなく、死後の世界観が欲しいからだ、と私は思っている。 死んだらおしまい、っていうコンセプトは人間が認めるには重過ぎる。 死の恐怖から逃れるためには宗教は必要なのだ。死の恐怖は私もあるけれど、映画「The Unbelievers」の中で、二人の教授は「この地球上に自分が生きる瞬間を思い切り楽しみなさい。 そしてその後を生きる人類のために、地球を素晴らしい状態で残していきなさい。」という。 まさにそれだ、と私は思う。

だから今回の無神論者の殺人は本当に理解できない。 別のニュースでは、モスラムへの憎悪殺人ではなく、前からアパートの駐車場について揉めていたという事で、それが高じて殺人に至ってしまった可能性もある、と言っていた。 駐車場ごときで3人も殺すというのも、気違い沙汰だ。 でも、この男が気違いであることの方を願う。 今生きている命を大切にするのが、無神論者だから。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

syco

Author:syco
流れ流れてアメリカ南部に着きました。 
Sycoの映画サイトはここ↓
Off Hollywood Movies
Sycoの訳詞集はここ↓
the Songs to Remember

sycoBCをフォローしましょう

最近の記事
カテゴリ
Click if you ♥
Click if you ♥
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。