FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

51. Running on the Spot by the Jam

いい方向に向うこと願っていたけど
どうやら僕らは力を失ったようだ
どんな小さな前進さえも
大海に落ちる一滴の雨水でしかないようだ

僕たちはこのまま、
同じ場所で疾走しているだけなのだろうか
僕らは感情がかたわになった次の世代でしかないのだろうか

煉瓦を積み続けているにもかかわらず
建物は一向に高くならない
なぜなら僕らは地盤を崩し続けているから

人生が崩れていくのに、無力にただ立ち続ける
僕は人生を信じているし、愛も信じている
でも僕の生きているこの世界は
それは間違っていると説き伏せようとする

野外に放り出されて、それが社会だと言われる
グラスの底よりも上は見る事ができない
あるのは若さだけで、打撃を受けやすく
ボートを揺らされれば、みんな暴れだす

まるで畜殺場に送られる羊のよう
自分の身に何が起こるのか全く解っていない
確信して言えるのは、みんな解ろうともしないこと
ボートを揺らされれば、みんな暴れだす

知性が一番の武器であるはず
だから、悲観的になって悪態をつくのはやめるんだ
自分を信じろ、大人の言うことを聴くな
僕らにゴミばかり食わせて満足しているだけだから

僕たちはこのまま
同じ場所で疾走しているだけなのだろうか
僕らは感情がかたわになった次の世代でしかないのだろうか



下のリストの4番に入れた、ポール・ウェラーのバンド、ザ・ジャムの名曲。
「ゴーイング・アンダーグラウンド」とか、この曲とか、ジャムの曲はたったの3分足らずで、全て吐き出す、その歯切れのよさがカッコ良かったな。 ポール・ウェラーはいまでもカッコいい。 

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

syco

Author:syco
流れ流れてアメリカ南部に着きました。 
Sycoの映画サイトはここ↓
Off Hollywood Movies
Sycoの訳詞集はここ↓
the Songs to Remember

sycoBCをフォローしましょう

最近の記事
カテゴリ
Click if you ♥
Click if you ♥
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。