FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレンその2

グレン・ティルブルックの最近のライブはどんな感じなのだろう?  
はい、これが80年代初期のグレン。
glen
そして、
今のグレンを見ますか?
上のかわいさを、胸にとどめておきたい人は、見ないことを勧めます。



じゃじゃ~ん
glen3.jpg
まぁ、このグレンも別な視点からカワイイと言えるかもしれませんが、同一人物にはみえません。
2倍ぐらい太っちゃった...。

でもね、驚くことに、歌声は35年たっても、少しも変わらないのよ。 だからライブで目をつぶって聴いていると、まるであの頃のグレンがそこに居る。 (目をつぶって聞くなら、家でレコードを聞くのとおんなじじゃん、って突っ込まないで欲しい。)
ライブではスクイーズのヒット曲をたくさん唄ってくれたよ。 私の大好きな Up the Junction、Pulling Mussels、Another Nail In My Heart 、おまけにクリスがボーカルのCool For Catsもアコギひとつで唄ってくれたよ。 
それから、私のスクイーズの詩集にサインも貰ったよ。
squeeze (2) squeeze.jpg
あまりの嬉しさに、帰りに車のヘッドライトも付けずに走ってたよ。 パトカーに止められ、ヤバイ、ビール2本飲んでる、飲酒テストやられたら、逮捕されるかも...!
若いラテン系の警官がやってきて、
「何処の帰りですか」といきなり聞く。
「キャッツ・クレイドルです」
「キャッツ・クレイドルってライブハウスの?」
そうだよ、ライブハウスだよ、酒も飲んでるよ、もうヤケクソで、
「そうです。今スクイーズのグレン・ティルブルックを見てきたの。 ものすごく良かった。 オマケにサインも貰ったの、ほら、ほら」
と詩集のページを開けてみせた。 こんなにハッピーな私の夜をどうかぶち壊さないで、お願い、若いポリスマン、とう暗黙のメッセージを全身で投げかけたつもり。
そしたら、
「あなたを止めた理由は、ヘッドライトがついてなかったからなんだけど、ヘッドライトはちゃんと点くのですよね。 気をつけてください。」
で終った。 メッセージが伝わった。 ありがとう、ポリスマン、ありがとう、グレン。

<おしまい>
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Re: ご無沙汰してます

タイコウチさん
読んでくれてありがとうございます。 グレンはかなり来日しているのですね。 日本でも根強いファンが残っているとは嬉しいです。 アメリカ、しかも南部の田舎ノースキャロライナは、英国色の濃いスクイーズは人気が高いとは言えないのですが、会場からは、けっこう英国訛りの声が聞こえ、米国滞在のイギリス人が懐かしさで集まった、みたいな感じでしたよ。 
スクイーズの歌詞サイトへお邪魔しました。 わたしも、また訳詩を試みたい気にさせられます。 
またちょくちょくのぞいて見ます。
それでは
プロフィール

syco

Author:syco
流れ流れてアメリカ南部に着きました。 
Sycoの映画サイトはここ↓
Off Hollywood Movies
Sycoの訳詞集はここ↓
the Songs to Remember

sycoBCをフォローしましょう

最近の記事
カテゴリ
Click if you ♥
Click if you ♥
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。