FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極東少女の妄想ブリテン ノスタルジア編 <その1>

まずはノスタルジックなブリテンを感じさせるプレイリストから行きます。 オバサン、懐メロが多いです

10位 Bus Stop / the Hollies 聴く
ロンドンの赤い2階建てバスを傘をさしながら待つ恋人たち。
絵にかいたような英国の風景だと思わない?
哀愁が漂うメロディなのに、ハッピーな歌詞です

あの日のバス停に
彼女は立っていた
僕は言った
僕の傘に入りませんか、と
バス停でバスは去ったのに
彼女はそこに居て、
僕の傘の下で
愛が育つ

夏の間ずっと、
僕らは楽しんだ
雨でも晴れでも風が吹いても
僕たちが使っていたあの傘
8月には彼女は僕のものとなったんだ

毎朝僕はバス停で彼女を待つ
時には彼女は買い物をして、
買ったものを僕に見せる

二人は周りから好奇の目で見られたりするけど
いつか僕と君の名前はひとつになるのさ

これが全ての始まりだった
ふざけているけど本当の事さ
甘いロマンスは雨垂れの中に
始まったんじゃないかな

太洋が顔を出し、
氷が解けて
もうシェルターは要らない
あの傘が契りを結んでくれたって
考えると楽しいね

(訳詞 Syco)

balletRain.png
ダブルデッカーの二階から撮ったような雨の日

9位 .Ballet For a Rainy Day / XTC 聴く
もっともイギリス的なバンドと言うと、XTCをあげる人が多い。 モンティ・パイソン的な、シュールで惚けた感じのユーモアからかしら。 
オレンジとレモンはイギリスのわらべ歌、マザーグースにも出てくるので、そのせいか、この曲を聴くとイギリスの風景が広がる。 やっぱりイギリスは雨。

オレンジ色とレモン色の
レインコートがくるくる回る
それはまるで、お盆から転げ落ちる
果物のよう
パイナップルのような濡れた頭
せっかくのセットした髪が
バラバラに崩れるのをみてごらん
日の光が陰っていく

雨の日のバレエ
素敵な魔法を演じる無声映画

リンゴとサクランボが
水の中に消えていく
テラスの雨よけの輝く縞模様に困惑し
僕は絵の具の筆をもって、
新しい世界を描き出す
今の世界が徐々に流されていく中で

雨の日のバレエ
素敵な魔法を演じる無声映画
僕の窓の外で踊っている
ゆっくりと降りてくる灰色の幕を背景にして

雨が降れば
僕の絵の具箱の中の
すべての色にも
雨が降る
雨が降れば
劇場の最前列から
屋根の上まで
雨が降る

オレンジ色とレモン色の
レインコートがくるくる回る
リンゴとサクランボが一緒になって
ダイヤモンドのようにバラバラと落ちて来る

(訳詞 Syco)

balletRain.jpg
ほんっと、いっつも雨なのかね、この国


8位 Killer Queen / Queen 聴く
これをイギリスと言わずして、何をイギリスと言えるのでしょう。 フレディマーキュリーが小指を立てて、アフタヌーンティーを飲んでいる姿が想像できます。
私が初めて聞いたクイーンの曲。 小学生だった私は、歌詞なんてわからなかったけど、すげぇいい曲ぅ!って感動しました。 ビートルズを初めて聞いた時も、こんないい曲が世の中にあったんだ、って衝撃だったなぁ…(曲は「ヘルプ」でしたが。)
キラークイーンは実は高級娼婦のことを歌っているんだと気付いたのは、ずいぶんと後の事です。 

彼女はモエ・エ・シャンドンを
小ぎれいな戸棚にしまい
「代わりにケーキを召し上がれば」って
まるでマリー・アントワネットのよう
フルシチョフでもケネディでも
対策法は用意万端
招待状を渡されれば
決して断ることはできない

キャビアにシガレット
熟知したエチケット
群を抜いた上品さ

彼女はキラー・クイーン
火薬にニトログリセリン
いつだって
貴方を悩殺すること間違いなし

この値を払う価値あり
飽くことのない欲望
試してみる?

面倒を避けるために
常に住所を変え
まるで男爵夫人のような口調で
会話をはずませる

中国から来た男と出会って、
ミナと名乗る芸者になったと聞いたが、
それからまた、奇遇は続く
こういった傾向が貴方のお好みなら…

もちろん香水はパリからお取り寄せ
車にはあまり関心がない
細部までのこだわり

突然子猫のようにじゃれてふざけるけど、
ふとじっとしてみたり
一時的にガス欠になったかと思いきや
猛スピードであなたを狂わせる
全力であなたを落としにかかる

彼女はキラー・クイーン
火薬にニトログリセリン
いつだって
貴方を悩殺できること間違いなし

この値を払う価値あり
飽くことのない欲望
試してみる?
貴方は試してみる…?

(訳詞 Syco)

killerqueen.jpg
キラークイーンに自分自身を投影していたのかな、フレディさん…。


まずはここまで。 
まだまだ続くよ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

syco

Author:syco
流れ流れてアメリカ南部に着きました。 
Sycoの映画サイトはここ↓
Off Hollywood Movies
Sycoの訳詞集はここ↓
the Songs to Remember

sycoBCをフォローしましょう

最近の記事
カテゴリ
Click if you ♥
Click if you ♥
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。