FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セルアウトしたアーチストたち 1位の座を獲得するバンドは...

もうこれしかいない、それは

1位 U2

初期の「ニュー・イヤーズ・デイ」や「ブラッディ・サンディ」は好きだったよ。 アイルランド出身のポストパンクバンドでさ。 でも”ジョシュア・ツリー”辺りからうさん臭さが漂ってきた。 あのトレードマークのサングラス(独自のブランド)をかけ始めたころよ。 音楽もブルーススプリングスティーンのバラードみたいになってきちゃってさ。 
ボノはアフリカ救済のチャリティーに力を入れてきたようだけれど、私はロックンロールにチャリティーは望まない。 セックス&ドラッグス&ロックンロール。 世の中をまっとうに渡れないのがロックンローラーなの。 アーチストが酒やドラッグに溺れ、ズタボロになってくれるからこそ、アートが生まれるの。 そういう部分に私たちは感謝しなきゃいけないのよ。
ライブエイドとかバンドエイドしちゃうと、もうロックンロールじゃなくなる。 おまけにボノは今ではビリオネアでしょ。 ホテルチェーンを持ち、奥さんは自分のファッションブランドを持ち、企業への投資も活発で、本国アイルランドに税金を払うのを逃れるためにビジネスをオランダに移したり、小賢しいこともやっている。
チャリティーも噂によると実際には1%しかアフリカに行ってないとか…、99%はチャリティの運営に使っているとか...。
どこまで真実かはわからないけれど、火のない所に煙は立たたない。
ボノの顔すらも見たくないので、U2の音も映像もリンク無しです。

us.png

"U pay your tax 2"(オマエも税金払え)と書かれたバルーンが2011年のグラストンベリーノロックフェスで、U2がステージに上がったときに掲げられた。

以上で私の個人的な感情が入った「セルアウトしたアーチストたち」シリーズを終わりたいと思います。 私はそうは思わない...と感じる人も当然いるとわかっているので、不快に思った人はごめんなさいね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

syco

Author:syco
流れ流れてアメリカ南部に着きました。 
Sycoの映画サイトはここ↓
Off Hollywood Movies
Sycoの訳詞集はここ↓
the Songs to Remember

sycoBCをフォローしましょう

最近の記事
カテゴリ
Click if you ♥
Click if you ♥
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。