FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全員女子バンド the Raincoats

私が世界中で一番好きな、全員女子バンド、それはもちろん...、

1位 the Rainoats 映像はここ
ラフトレイドの日本向けのコンピレーションアルバム「クリアカット」(1981年発売)は私のエポックメーキングと言えるレコードだった。
the Fall, Josef K, Red Crayola, Scritti Politti などのポストパンクの新しい音が一枚にぎっしり詰まっていて、 暗いJKだった私を更に周りとの共通点を失わせる役を果たしたよ。
その中でもいちばん、いちばん、もう心が震えるぐらい好きだった曲がthe Raincoatsの「in Love」。〔聴くならここ
歌詞はシンプルで、当時の私にも理解できた。


なんにもできない
なんにも見えない
今日一日なんにもたべてない
恋をするのは心が痛くって
耐えきれない

気持ちいい
つらい
うれしい
悲しい
あぁ、ほんとに幸せで、悲しくなる
恋をするのは心が痛くって
耐えきれない
I can't do a thing today
I can't see anyway
I haven't eaten all day
in love is so tough
on my emotions

FEELING GOOD
FEELING BAD
FEELING HAPPY
FEELING SAD
OH! I'M SO HAPPY HAPPY SAD
IN LOVE IS SO TOUGH
ON MY EMOTIONS!

アメリカでもニルヴァーナのカート・コバーンが癒されたバンドとしてあげたことで、再発見されたけれど、どれくらい知名度があがったのかなぁ。 日本に2010年に初来日したのは、私みたいな根強いファンがいたからなのか、それともコバーンの影響なのか、どちらにしても、驚いた。
もとスリッツのドラマーのパームオリーブもメンバーで、デビューアルバムにはスリッツの曲も入っているけど、サウンドはスリッツをオーガニックにした感じ。 私はジナ・バーチの曲と歌声が好き。 彼女は精神的にもヤバい感じがする。
1996年に12年ぶりに再結成してスタジオアルバム「Looking in the Shadows」をリリースした。 ジナの歌詞はもっとヤバくなっていて、期待以上に良かったよ。
居心地の悪さ、居場所の無さをいつも感じていた私にとって、ジナ・バーチは全てを委ねられる音を私に与えてくれたのでした。

raincoats.jpg

はぁ、やっと終わった。 昔のビデオとかYOUTUBEで探していると、ついつい懐かしいビデオをズルズルと見てしまって、ものすごく時間を費やしてしまう私。  
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

スリッツに一票ありがとうございます。

アリ・アップはこよなくレゲエ、ダブを愛する白人女性で、晩年はほぼジャマイカ人と化してましたね。
私も彼女のジャングルダンス大好きです。 

懐かしいですね
女子バンドで一番好きなのは二位のスリッツです
アリ・アップのダンスが大好き
プロフィール

syco

Author:syco
流れ流れてアメリカ南部に着きました。 
Sycoの映画サイトはここ↓
Off Hollywood Movies
Sycoの訳詞集はここ↓
the Songs to Remember

sycoBCをフォローしましょう

最近の記事
カテゴリ
Click if you ♥
Click if you ♥
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。