FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全員女子バンド Hinds, Liliput, the slits

今日は全員女子バンド、最後までカウントダウン行けるかな。

4位 Hinds 〔映像はここ
何日か前に、今年の初買いCDってことで紹介しました。 ここです。 これをきっかけに、全員女の子のバンドってあんまりないよな、ってふと思い、このカウントダウンを始めました。 
このスペイン出身のローファイバンド、長く続くといいな。 

a-lesson-in-cool-from-spains-hottest-new-band_1.jpg

3位 Liliput(Kleenex)〔映像はここ
ここから先は全て70年代の末から80年代の初めにかけてのポストパンクバンドになります。 だって私の青春だもの。
Liliputは珍しくスイスのバンドです。 ドイツ語で歌っているけれど、チューリッヒ出身です。 もとはKleenexというバンド名で、クリーネックス社から、うちの商品名を使うなと叱られ、Liliputに変えました。 
何を言っているのか全く分からないけれど♬腹切り・バウワウ・ウーウー・ハガハガ♬とか面白過ぎ。 それもみんな真面目な顔して歌っているの。
イーイーとかウーウーとかヒステリックな叫び声もいっぱい入っていて、アジアの民謡を妄想して作ったような怪しい曲もあったり、かなりアバンギャルドなサウンドなので、再発は無理だろうなと思っていたけど、Liliputのアルバム二枚と未収録の曲やシングルなど全て入って全46曲入りのCDが2001年に再発されたのよ。 ありがとう、キルロックスターズの偉い人さん。 

Liliput.jpg

2位 the Slits 〔映像はここ
the Slits を初めてラジオから聞いたときを憶えている。 やっぱり渋谷陽一のサウンドストリートでした。 アルバム「Cut」(1979年)を紹介していた。 だぶんスリッツが私のポストパンクの音の初体験なのじゃないかと思う。 スカスカなんだけれど、複雑なのよ。 パンクのように直進しない。 不思議な魅力があった。 ボーカルのアリ・アップはドイツ出身で、彼女のドイツ訛りの英語も アルバムジャケットのふんどし一つで泥まみれのメンバーも、得体の知れない感でいっぱいだった。 でも聴けば聴くほど好きになる音だった。 このバンドが大好きになったから、次の1位のバンドに繋がるのです…。

The_Slits_-_Cut.jpg
ボーカルのアリは当時17歳よ。 未成年でこんなことやって合法だったのかしら? アリは2010年に癌で亡くなりました。 早過ぎる。

1位はまたこの次に。 でも予想ついちゃうでしょ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

syco

Author:syco
流れ流れてアメリカ南部に着きました。 
Sycoの映画サイトはここ↓
Off Hollywood Movies
Sycoの訳詞集はここ↓
the Songs to Remember

sycoBCをフォローしましょう

最近の記事
カテゴリ
Click if you ♥
Click if you ♥
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。