FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Circles」 ぐるぐる / ケイト・テンペスト

BBCラジオで初めて聞いたときはM.I.Aみたいな子を想像した。 上から下までヒップホップファッションにきめたクールなロンドンっ子を描いていた。
しかし外見はその真逆で、なんというか、私の周辺アメリカのどこにでもいるような白人女子 (彼女はイギリス人だけれど。) 太り気味なところもアメリカでは普通だし、諦めたのか面倒なのか、メイク無しのスッピン顔で年中ジーンズとTシャツの地味ななりをした冴えない女子なのよ。 ごめん、どうしてもアメリカ南部の田舎の女子高生にしかみえない…。 しかしステージに立てば、ケイトはロンドンの下町訛りで、社会の底辺にいる人間の姿を赤裸々に熱唱する。 彼女はもともとはステージで詩を暗唱をする詩人だったみたい。 影響を受けた人にビートニックのアレン・ギンズバーグ、イギリスの詩人、ウィリアム・ブレイク、NYラッパーのウータン・クランをあげている。 
ラッパーは詩をリズムに乗せて暗唱しているとも言えるので、詩人がラッパーになるのも、自然なのかもしれない。 (文学少女+アーバン・ラップ)÷2=ケイト。 不思議なジャンル誕生です。
映像はここ
そう言えば私の大好きな「Life Without Buildings」もリズムに乗せて言葉を叫んでいた。 似てる。 詳しくは前の記事 ”たった一枚で消えていくで。




「circles 」 ぐるぐる

頭の中がごちゃごちゃkate
どうすることもできない
堂々巡りを繰り返す
あたしは疑い深くって、自分勝手
押されると、黙り込んでしまうあたしは自分勝手
ふたりは夢があったのに、あたしが葬ってしまった
それがあたしを蝕み、まるでラスベガスのプレスリー
あたしは半分ホームレス、半分バゲーラ

胸に手を当てても
あたしの心は汚水まみれ
独り言をつぶやき、ジタバタし始める
あなたの相手のことをになると
キチガイのように野良犬に吠えたて
バスの中で喧嘩を売る

喧嘩好きな筋肉バカが
荒れる海でオールを放り投げ
l渦に巻き込まれていくようなのが
今のあたし、自分のしっぽを追いかけてる

あたしはぐるぐる回っている
バレリーナのように優雅に回転するんじゃなくって
コンパスを使って描くきれいな円でもなくって
どちらかというと、杭につながれてその周りを
気がふれたみたいにぐるぐる回る犬

あたしは黙って目を閉じて
パブの片隅に座っている
バラード身を委ね
その高い歌声に涙ぐむ
あたしの手は寒さでかじかむ 手袋を忘れた
あたしの心は傷ついた もう恋人はいらない
愛はあたしの内部を腐らせるだけ
ものに触れてちゃんと感じる事ができる人間ならば

ちょっと待って、
あたしの指はこの湯気の立つ
熱い紅茶のカップに触れているのよ
あたしは心を開いているし、恋人が欲しくてたまらないはず
愛は私を支えてくれるはず
ものに触れてちゃんと感じる事ができる人間ならば

ちょっと待って、私の手は寒さでかじかむ 手袋を持っていない。
あたしの心は傷ついている。 恋人はいらない
愛は私の内部を腐らせるだけ
ものに触れてちゃんと感じる事ができる人間ならば

あたしはぐるぐる回っている
バレリーナのように優雅に回転するんじゃなくって
コンパスを使って描くきれいな円でもなくって
どちらかというと、杭につながれてその周りを
気がふれたみたいにぐるぐる回る犬

あたしはぐるぐる回っている
バレリーナのように優雅に回転するんじゃなくって
コンパスを使って描くきれいな円でもなくって
どちらかというと、杭につながれてその周りを
気がふれたみたいにぐるぐる回る犬

あたしは楕円を描いて回る
あたしの堂々巡りを見てよ
同じことを繰りかえし言っている
これ以外にもあるはず
なぜあたしは変われないの
この辺にイタチなんていないわ
庭にいるのはこのあたしだけ
澄みきった夜空の月に向かって吠えている

タバコの箱を蹴飛ばして、まだ入っていることに気づく
その感じは大好き
もうおしまいだと思っていた時に
始めに戻る感じ

子供料金でバスに乗ってバレなかった
その感じは大好き
もうおしまいだと思ってた時に
始めにもどる感じ

自分の友達に
何か素晴らしいことが起こる
その感じは大好き
もうおしまいだと思ったのに
始めに戻る感じ

気分がサイアクの時にキスしてもらう
それって最高 大好き
もうおしまいだと思った時に
始めがやってくる感じ

繋がれた犬みたい
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

syco

Author:syco
流れ流れてアメリカ南部に着きました。 
Sycoの映画サイトはここ↓
Off Hollywood Movies
Sycoの訳詞集はここ↓
the Songs to Remember

sycoBCをフォローしましょう

最近の記事
カテゴリ
Click if you ♥
Click if you ♥
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。