FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Quicksand」 流砂

いまだに一人でボウイーを追悼。 今日はBBCのマーク・ライリーのボウイー追悼特集のラジオを聴いていた。
デビッド・ボウイーはずっと活動を続けていたから、居て当たり前みたいな感じだった。 私は80年代から新しいアルバムは購入していないけれど、かなりいろんな映画に出てくるし、ドラマにもカメオで登場したり、トークショーに出てきたりして、常にボウイーは私の周りにいた。 出くわすたびに おぉーっ、ボウイーだ、観れてラッキー! まだまだカッコイイじゃん! って嬉しくなったりした。
去年の暮れから新曲がBBC6でヘビロテで流れてて、おぉ、新作は結構いけるんじゃない? 70近いのに、創作力は全然枯れていないわ…、と才能を再確認した。
でも、もうボウイーはこの世には居ない。 
「クイックサンド」は私のプレイリストのNo.2にランクしています。 実存主義について歌っているらしいけど、十代の頃の私はよくわからなかった。 今なら実存主義的に生きて死にたいと、いつも思っているから、なんとなくわかるような気がする。
死後の世界なんて信じたくても信じられない苦しさ。 今の瞬間を生きるしかないという人間の宿命みたいなもの。 
 
-----------------------------------------------------

「Quicksand」

僕は**ゴールデンドーンに接近しquicksand
空想上の**クロウリーの制服に身を包む。
無声映画の中に生き、
ヒムラーの神聖なる王国を演じる
それは夢の中での実感
完全な終結に震え
いびつな穴に引き込まれる
そしてもうこれ以上力がない。
もうこれ以上力がない。


僕はガルボの瞳のような歪んだ名前を持ち
チャーチルの嘘の生き証人である。 
僕は宿命
周りは神授の調和としてゴールを定めているのに
僕は光と闇の間に引き裂かれる
毒蛇の牙にキスをするべきか
それとも人類の絶滅を声高に予言するか
自分の思想の流砂の中に沈んでいく
そして僕にはもう力がない

自分を疑え、信じることで惑わされるな
死に解き放たれることによって
知識はやってくる
Aah-aah, aah-aah, aah-aah, aah-aah


僕は預言者でも古代人でもない
ただの死ぬべき運命のスーパーマンもどき
生き続けるだけ
ホモサピエンスのロジックに繋がれ
偉大な救済から目をそむけることができない
嘘ばかりの信仰なのに

僕が何も説明していないというなら
君が次に来る中陰のことを詳しく教えてくれるのだろう
自分の思想の流砂の中に沈んでいく
そして僕にはもう力がない

自分を疑え、信じることで惑わされるな
死に解き放たれることによって
知識はやってくる
Aah-aah, aah-aah, aah-aah, aah-aah
--------------------------------------

**ゴールデンドーン … 1888年に結成されたイギリスの秘密結社 アレイスター・クロウリーもそのメンバー
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

syco

Author:syco
流れ流れてアメリカ南部に着きました。 
Sycoの映画サイトはここ↓
Off Hollywood Movies
Sycoの訳詞集はここ↓
the Songs to Remember

sycoBCをフォローしましょう

最近の記事
カテゴリ
Click if you ♥
Click if you ♥
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。